10万円以内が一般家庭の普通の金額です

平均の相場

金額は大前提で決まりはありません。 この行事とは年齢が満60歳になった時にする習わしのイベントです。 暦とは干支のことで干支は60年で一回りするので、暦が還るという意味です。 この60歳になる歳は、人生の区切りともなります。 それは、これまで勤めていた職場を定年退職する人が多いからです。 通常であればちょうど誕生日に合わせてパーティーができれば良いですが、親族などのスケジュール調整もしなければならないため、その付近で祝うことが望ましいです。 一般的な習慣としては、この時に赤色のちゃんちゃんこを贈ることが習わしとなっています。 その理由としては、産着として赤色が使われていたことから産まれた時に帰るという意味です。 しかし、それだけでは祝辞としては少ないので、実際に個人的にお金を包んだり、プレゼントを贈ることが大切です。 実際に還暦祝いに出席する場合はその場で渡せば良いですが、もし出席できない状況では誕生日を迎える半月前から当日までに家に届くように配慮することが大切です。 プレゼントを贈る際は、特に何でも良いですが、実用的なものよりも、60年前の産まれた歳の新聞やワインなど、時を遡ることができるようなプレゼントがロマンチックで人気があります。 また、お金を包む時にはその金額は非常に慎重にならなければなりません。

あまりに大きな金額は不安を与えてしまいます

不安やプレッシャー

基本的には親族で話し合って子供はいくらにするとか、孫はいくらにする、兄弟はいくらにするというように金額をあらかじめ決めることが最も無難です。 受け取る方は貰えることは非常に嬉しいですが、やはり親族間で金額に差があることは、嬉しいことと同時に複雑な気持ちにもなります。 包むお金というのは地域やその家族によっても違いますが、一般的に子供や兄弟であれば10000円から100000円、孫であれば10000円から30000円、親戚などは5000円から20000円程度、その他の人は5000円から10000円程度が目安となります。 包むのしについては、還暦御祝や祝還暦、御還暦御祝などの表書きをします。 また、その表書きの下の方にやや小さめに自分の氏名を書きます。 これが1人であれば真ん中にその人の氏名を書きますが、夫婦などの連名の際は、右側から詰めて全て名前を記載します。 入りきらない場合は、中袋に名簿を入れておくと分かりやすいです。 中袋については基本的には、表面に金額を記載して、裏面に住所と氏名を記載します。 金額の記載方法については上に金を付けて、円の下に也を付けます。

もちろん感謝の気持ち=金額ではない

感謝の気持ち

例えば金額ではなく10000円入れた場合は金壱万円也というように記載します。 そして、お金の入れ方は必ず表面が上を向くようにして入れます。 これは運が上向きになるようにということからです。 同様に外袋についても裏側の折り返しについては、運が上向きになるように下側を上に向けて水引で結びます。 また、お札については新札を使用する必要があります。 水引については、紅白色や金色、若しくは銀色のものを使用して、蝶結びにします。 ここまで丁寧に準備して、還暦祝いの時に直接渡します。 もし、万が一出席できない時もお金については、直接手渡しで渡す方が、相手に気持ちが伝わりやすくなります。 お祝いごとでは結婚式や出産など、通常はお返しをすることが通例です。 このイベントの時は、近しい人にはもらったお返しをする必要はありませんので家族の際は、ありがとうというお礼の言葉で構いませんが、ゲストにはお返しをした方が良いです。 その際は、金額に応じて商品を変えるのではなく、同じ商品を贈ることが大事です。 基本的なお返しの品としては、菓子折りや赤飯、寿の文字が入った餅などが主流です。 お返しののしには内祝と表書きする必要があります。

HOME


このページの先頭へ